IP(イメージプロセッシング)の意味

IP(イメージプロセッシング)の意味

イメージプロセッシング(Image Processing)を普通に訳せば「画像処理」となりますが、IP記憶法でいう「イメージ」には、単に「目に浮かぶ像」だけではなく、感触や匂い、味、音など、五感すべてに関わる微妙なニュアンスなど、広範囲な意味合いまで含まれています。

その「イメージ」を記憶対象の中から抽出し、他のものに関連付けたり、分かりにくい言葉を加工したり、記号や言葉とイメージを相互変換したり…という処理(Processing)を行うのが、イメージプロセッシングです。

記憶力グランドマスター・池田義博(記憶工学研究所所長)の脳の使い方、記憶ノウハウを独自に体系化、メソッド化したテクニックの総称です。

タイトルとURLをコピーしました