本当に使える記憶法

本当に使える記憶法

おいしい料理を効率的に作るためには、ナイフやフライパンなどの調理器具を効果的・効率的に使いこなすことが大切です。料理上手な人は、野菜を切るか、肉を切るか、またどのように切るかで、さまざまなナイフを使い分けます。

同じように、さまざまなことを大量かつスピーディに記憶するためには、記憶内容によって覚え方(記憶法)を使い分けられるかどうかがポイントです。
そのためにはまず脳の中に「記憶法というナイフ(ツール)」をいくつか揃えておくこと、次にそれをよく研いで切れ味を良くしておくこと、さらにそれぞれの特長を知り「使い方」「使い分け方」「組み合わせ方」をマスターしておくこと――が重要です。
それによってはじめて、本当の意味で「実際に使える記憶法」になります。IP記憶法は「脳の中に何種類かの記憶法を実際に使えるような形で揃えるためのオンライン講座」ということができます。

IP記憶法は「脳の中に何種類かの記憶法を実際に使えるような形で揃えるためのオンライン講座」ということができます。

タイトルとURLをコピーしました